バランスの創造性

天性の知恵は、体はどういう状態が良いのかを知っているだけでなく
その人の(心身複合体)環境との関わり方、
本来の自分の個性との関わり方、

ひいては人生の流れとの関わり方のバランスも知っています。

バランスする力(治癒力)は
これら心身複合体のあらゆる側面で現れます。

現れ方もその人にとってバランスのとれた順番で現れ、
出現にかかる時間も、現れるレベルも
完璧に調整されていると感じます。

もちろんバランスのレベルや反映の仕方は
個人によって違ってきますし

バランスのプロセスの感じ方も個人差があります。

治癒力は心身複合体にどんな調和をもたらしてくれるでしょうか。
天性の知恵は自我が望むバランス、
調和の範囲をはるかに超えたところで働きもします。

自我が望む方向に必ずしも働くとは限りません。


でもそれが実は本来の人生の流れとの調和であると
信頼が生まれてきますので、何が起きてきても調和の流れ、
必要なことが起きていると受け入れることができてきます。
治癒力は自我では計り知れない可能性と創造に満ちています。

調和に向かう過程も創造と喜びに満ちたものであると思います。

症状や困難と思われる状況は、
今の自分が何かがアンバランスだよと

教えてくれる自分からのありがたいメッセージです。
あなた自身がアンバランスを作ってしまった原因を知っています。
そしてどのように、どのようなタイミングで
バランスに向かっていったらよいのかもすべて知っています。

ボディートーク療法はこれらをあなたの体に(天性の知恵に)
神経バイオフィードバック法を使って
プロトコールチャートに従って聞いていきます。

コミュニケーションがうまく行ってない
心身複合体の箇所を探し修正していきますが、

アンバランスを起こしている本当の原因を、
 潜在意識レベルでの原因を探し、

それにアプローチしていくということを行っています。
(エネルギー的には本来の波動(周波数)でない箇所を
探すという意味になります)

プロトコールチャート(質問チャート)に沿って
質問を繰り返し、手の反応ではい、いいえ、の応えを受け取ります。

探索は、意識、感情、細胞、DNAレベル、
エピジェネティクス、内臓、内分泌腺、経絡、
チャクラ、神経系、免疫系、骨格系、筋膜、
結合組織、生理機能、毒素、腸内細菌
環境との関わり、環境の影響、アイデンティティ、
記憶、トラウマ、胎児期、出生時の記憶、
先祖の影響、第8チャクラ、他人の感情や意識の影響、
などなど多岐にわたって行います。

アンバランスの修正方法は、
まず脳(頭)にタップ(軽く叩く)し脳に修正を促し、

心臓(胸)のタップで修正した新しい情報を記憶させ、
腸脳(腸、お腹)のタップで新しい情報を消化し統合を促します。
腸は東洋医学では脳に代わる賢い臓器として扱いますが、
何が自分にとって必要な情報かを識別する意識も高めていきます。

心臓は実は私たちが“本来の私たちは何者か?”という情報を持っていて
血液を介して体の隅々(細胞に)に
その情報を送り続けているといわれており、

私たちがより本質に向かえるよう、それをより促すこともしています。

 量子力学的には、心臓にはトロイダル磁場があり、
その磁場と脳の磁場にタップすることで、
定常波が生じ干渉を加えているとされています。
施術士は観察者としてバランスの修正を意図しタップすることで
情報を磁場に伝えて細胞レベルまで行きわたらせ
あらゆるレベルでのバランスを促しています。

そうすることで皆さんが生まれながらに持つ治癒力が、
アンバランスに気づき、バランスを取り始め
本来の働きを取り戻すことを促していきます。

あなた自身がバランスを取り戻す素晴らしい力を、
バランスを実現する力を持っているということです。

その内なる力を取り戻してそれを使っていかれますよう本当の調和と共に毎日を、自分らしく人生を創造され
より人生の質を向上されていかれますよう

ボディートーク療法でそのお手伝いをさせていただけたらと思います。


2009年からボディートークを学び、
数多くのセッションをさせていただく中で感じましたこと、
私個人がボディートークを通じて皆様にお伝えしたいと思うことを
個人的に述べさせていただきました。

ボディートーク療法は意識と量子力学に基づいたエネルギー療法です。
近年エネルギー医学、エネルギー療法の分野が発展しておりますが、
まだ科学的、医学的に解明されていないことも
多い分野でございますことご了承くださいませ。

ボディートーク療法はジョン・ベルトハイム博士により
体系化されたもので量子力学、哲学(ヴェーダ哲学)、
心理学、東洋医学、西洋医学など包括的に研究され
構築されたシステムであり、宗教とは関係ありませんこと、
ご理解くださいますようお願い申し上げます。