今年も立春を迎えましたね。
暦の上ではもう春ですね。
今年は春一番が吹く日も最速とのこと、春の訪れが加速してますね。

春が近づいているよね、という意識を持つと
天気予報の高い気温の数字が目に入ったり、日差しが温かく感じれたり
花屋の店先の水仙やフリージアにすぐ目が行ったり
潜在意識が春を探し始め、春だよねという現実を引き寄せ始めます。
現実的にも春を印象付けて、気分も明るくなります♪

まだまだ冬だよね、という意識を持つと
低い気温に意識が向き、日暮れの暗さをより感じて気分が沈んだり、
風の冷たさに意識を集中して寒さを感じすぎるかもしれません。

私たちの意識は自分が自由自在に使えますので、
どんな景色の世界にしたいか自分次第、
自分が望むような景色に、現実に変えていけます。
意識の世界はなんと自由な世界!なんと創造に満ちた世界でしょう!(笑)

意識はあらゆる面に反映されます。
ボディ:マインド:スピリットは三位一体ということで
例えば姿勢にはその人の意識、感情が反映されます。
自信がない時は下を向きがちで、うつむく姿勢になったりします。
反対に姿勢が変わると連動して意識も変わりますので
意識を変えたいときは姿勢を変えると自然に変わるということですね。

家にこもる時間が増え、スマホやパソコンに向かう時間が増えると
いつの間にか頭が下にうつむいて、
肩が内側に入って胸が(ハートが)閉じた状態の姿勢が続いて
その姿勢が体に刻印されてしまうとその姿勢によって意識が創られてしまい
気分が沈みがちになったり、前向きな意識になれなかったり
人や物事に対してハートを開くのがおっくうに感じたりするかもしれません。

そのように感じたときは、まず姿勢を変えてみましょう(^-^)
手を横に広げて胸を大きく開いて、大きな深呼吸をして
頭を上に向けて、空を仰いでみましょう


空の広さ、空間の広さを感じることで意識が広げられます。
子供たちに外で遊びましょうと言いますが、
外で遊ぶことは広い空間の中で遊ぶこと、
脳の空間認識の部分を刺激しニューロンの発達を促します。
特にジャングルジムの遊びがおすすめだそうですが、
大人になるとジャングルジムで遊ぶのは気が引けますよね。。
アスレチックなどは空間認識だけでなくいろんな面で脳の刺激になりそうですね(^-^)

アインシュタインはこの空間認識の脳のニューロンが驚異的に発達していたとか。
ここは発想力につながるところで、アインシュタインが天才といわれる所以です。

いろんなストレスを感じたとき、思い悩むとき
問題が生じどうしようと対策を考える時
私たちはつい意識を一つのところに集中させて
うつむいて考え込んでしまいますが、
そんな時こそ頭を上げて、空を見上げれたらいいですね。

広い空間に意識が広がり、発想力が広がり
意識は創造の翼を広げて空間に広がっていきます。
アイデアは、答えは空から降ってくるのでうまくキャッチしましょう(笑)

皆様に善き春が訪れますよう祈りつつ、今日の空を見上げる。